12月 9, 2017 0

店頭価格は税込116,800円!

By in 未分類

今やスマホの新機種が10万円超えと言われても、あまり驚かなくなりましたよね^^

グーグルの新機種、Pixel 2は日本での発売は予定されていないようですが、直輸入盤としてアキバ中央通店で発売されているそうです。カラーはブラックだけ、Snapdragon 835やメモリ4GBを搭載しているそうです。

この前の機種もグーグルは日本での発売をしていませんでしたよね?なので、日本人はあまりこの機種については知識が無いとは思われますが、やはりAndroidの最新のOSを常に知っていたい、という人には重要なスマホに位置付けされていると感じます。

ここのところ、最新のスマホではカメラ撮影の機能が素晴らしく向上していて、メーカー各社力を入れているところ。Pixel 2においてもそれは同じで、カメラを「CDジャケットや映画のポスター、旅先のランドマークなどにかざすだけで情報を検索し、表示してくれる。」機能が早くもこの機種に搭載されているそうです。

11月 18, 2017 0

iPhone Xが登場に?!

By in 未分類

ここにきて、新たなニュースが飛び込んできています。それは、iPhoneの新機種に関する情報。いままで、iPhone 7の後継機種としてiPhone 7s/iPhone 7s Plusと、iPhone 8が発売されるだろうと言われていました。AppleからiPhoneが発売され10年目となるため、それまでの流れでiPhone 7s/iPhone 7s Plus、そして10年目を記念してiPhone 8が発売、と言われていたんですね。

しかし新たな情報ではiPhone 7s/iPhone 7s PlusがiPhone 8となり、iPhone 8と言われていたものがiPhone Xになると。これ、アイフォン エックスと読んではいけないんですよ^^アイフォン テンと言ってください。

あ~~、でもなんかこの方が両方ともにしっくりきそうですよね。それに、横に小さなsが付いているのって、何だかセカンドモデル的なイメージが強くないですか?それよりも、iPhone 8、そしてiPhone Xと命名されたものの方が高級感を感じるんですよね^^私だけですかね。。

auの新機能で快適スマホライフ! | ヒント | Discover

11月 14, 2017 0

「アンドロイド」を使って感じる「ウィンドウズ」の凄さ

By in 未分類

アンドロイドのアプリが充実し、音楽や動画、メールやテキストデータのやりとりなど、日常的に情報機器に求められる機能を果たせるようになりました。マンガぐらいはタブレットで描画できるし、キーボードやマウスなどの入出力機器を接続すれば簡単な表計算すら可能である。しかも価格はパソコンの数分の一ですみます。しかし、これはスペック上のものでしかありません。使いはじめると、すぐにスマホの限界に突き当たるのです。epub形式の一般的な電子書籍と、青空文庫などの著作権切れtxtデータ。jpgやpng形式のアートブックと、仕事の上でやりとりするpdfファイル。これらすべてをカバーするアプリはなく、目的別に用意しなければならないのが実情です。音楽や動画となれば静止画以上に形式が多いので、再生できるアプリ探しに苦労するのです。スマホのアプリは、複雑な機能は持ち合わせていないので、どうしてもかゆいところに手が届かないということになってしまうのです。またOS(基本ソフト)のバージョンが同じでも、機種によってソフトがインストールできないような問題は、少なくとも近年のウィンドウズにはありません。
au スマートフォン

11月 11, 2017 0

早朝からご苦労様です^^

By in 未分類

今月22日にドコモショップ丸の内店で開かれたiPhoneの新機種の発表会。俳優の綾野剛とお笑いタレントのブルゾンちえみも参加してのセレモニーだったそうですね。

早朝から行われたセレモニーですが、iPhoneの新機種を待ちわびたユーザーとタレント2人を見に来た人たち^^とで、とても盛り上がっていたようです。

2人はコマーシャル上ではなんと兄妹!^^驚きましたね~^^そして、最新のコマーシャルでは綾乃剛の義理のお父さん、角野卓三とその奥さんのハリセンボン箕輪はるかに赤ちゃんが!赤ちゃんの名前は「八」。。読み方は「エイト」だそうで、それをiPadで書きながら会話しています。すごい複線だらけのコマーシャルですよね^^知っている人はすべてがよくわかるけど、わかっていない人たちはまるで興味無いのではないでしょうか^^

ちなみに、今回の発表会で紹介された機種はiPhone8、iPhone8 Plus、Apple Watch Series。一番注目されているiPhone Xはもうちょっと先になりそうですね。

11月 7, 2017 0

Gooogleアシスタントが使えるヘッドセット「SBH56」:Xperia周辺機器

By in 未分類

ふだんは音楽試聴に使い、着信時にはハンズフリー通話とすっかりスマホではおなじみのヘッドセットです。ソニーの「SBH56」はGoogleアシスタントも使えるスグレモノなのです。ソニーはXperiaやAndroidスマートフォンとの連携を意識したヘッドセット「SBH」シリーズをラインアップしています。SBH56の本体サイズは約59.2×24.1×15.2mmで重量は約17.4g。一般的な使い捨てのライターよりも小さく、身に着けてもジャマにならないサイズ感です。Bluetooth4.2に準拠しており、対応プロファイルはHSPとHFP、A2DP、AVRCP、HID。音声コーデックはSBCとAACに対し、2台までのマルチポイント接続にも対応します。公称値の連続待ち受けは最大250時間、連続通話はヘッドホン利用時で約7時間、スピーカー利用時で約3時間。音楽再生は約6時間、充電時間は約2時間です。 本体の後ろにはクリップがあり、シャツなどにカンタンに取り付けられます。
ドコモ スマホ

10月 31, 2017 0

SNSを声で読み上げ、パイオニアBluetoothヘッドフォン向けに“ながらスマホ”アプリ

By in 未分類

オンキヨーグループは8月29日、パイオニアブランドのBluetoothヘッドフォン向けに、快適な“ながらスマホ”を可能にするというアプリ「APlay for Pioneer」を公開します。オープンベータテストという位置付けで、Android向けとなっているのです。対象製品は SE-MJ553BT、SE-MS7BT、SE-MJ771BT、SE-MJ561BT。これ以外の機種では、アプリの認証ができず利用できません。オープンベータの募集予定数は100人で、期間は9月30日までを予定です。ただし、評価状況により早めに打ち切りになることがあるということです。カレンダー、天気、路線情報、ニュース、Twitterなどのリアルタイム情報、LINE、Facebook、メッセンジャー、SMSなどのメッセージを、音声で読み上げてくれるアプリです。「ながらスマホ」に向く機能だということです。なお、アプリからメッセージの返信機能は利用できません。音声読み上げに対応したヘッドフォンを発売しているネインと共同で開発したものです。
Galaxy Mobile Japan

9月 19, 2017 0

次に何が来るのかが気になる!

By in 未分類

ドコモではdocomo withの対象となっている機種の売れ行きが非常に良いそうですね。勿論、というか、iPhone 7はダントツで売れているのですが、対象機種であるarrows Be、そしてGalaxy Feelも予想以上?の売れ行きだそうです。

やはり毎月1500円の割引きがずっと続く、というのが魅力ですよね。端末のサポート代としてほとんどの機種がこれくらいの金額の割引きは当たり前のとなっていましたが、2年間しか継続されず。その後は新しい機種への買い替えが当然の流れでした。しかし、中には新しい機種にこだわることなく使い慣れたものを長く使っていたい、ガラケーからスマホに機種変更したいけど利用料金が高くて迷っている、という人もたくさんいたようで、このような人達に向けたプランがdocomo withなんですよね。

ただ、この対象となっている2機種はどうしてもミドルレンジのスマホ・・というイメージが強いわけで。。果たして次にどのような機種が対象となるのか、非常に気になりますよね^^

9月 11, 2017 0

広島東洋カープモデルが発売に

By in 未分類

今絶好調の広島カープ。このカープファンが喜ぶウェアラブル端末が今月1日に発売スタートしているそうです。名称はfunband。腕時計型の端末で価格は1万円とのこと。1年分の専用サービスというものも料金に含まれているそうです。何なのでしょうかね、この専用サービスって^^

広島県にはゆめタウンというショッピングセンターがあり、こちらの14店舗、そして広島市内にある電気販売店で発売されるそうです。

主に、カープの試合中に活躍する端末で^^腕に装着して応援すると腕の動きを感知して振動、LEDの発光ができるそうです。また、「全ユーザーの応援アクションを数値化した「応援パワー」がディスプレイに表示、盛り上がりを感じられる。」とのこと。これは何も球場にいなくてもテレビの前でも同じなんだそうです。

応援アクションは、応援する回数によってポイントが溜められ、好きな選手の人気投票にも繋がるそうです。ホント、色んなこと考えますよね~。関心します^^

9月 4, 2017 0

「HTC U11 HTV33」ミニレビュー

By in 未分類

「HTC U11 HTV33」は、auの2017年夏モデルとして登場したHTCのフラッグシップです。端末を握って操作するユーザーインターフェイス、耳の形にあわせてオーディオ調整など、動き回れるVR「LINK」対応など、ユニークな機能を備えます。5.5インチのWQHDディスプレイ、オクタコアCPU「Snapdragon 835」、4GBのメモリなどを搭載しています。HTC U11は、他の一般的なAndroid端末とは一味違っている。何が違うのかというと、イヤホンマイク端子が存在しないのです。iPhone 7の時もあれこれ言われたのですが、なかなかチャレンジングな仕様ですね。出張の際にイヤホンを忘れて、移動中に暇を持て余すなんてことになる場合があります。そんな時、コンビニや100円ショップなどで、とりあえずの安いイヤホンを買ってしのぐと思いますが、HTC U11の場合は現時点においては、諦めるほかありません。もちろん、Bluetoothヘッドセットを販売している電器店でもあれば別の話ですが、手痛い出費を強いられることになります。もっとも、その代わりと言っては何ですが、HTC U11のパッケージには特徴的なUSBハイレゾイヤホンが付属していて、アプリとの組み合わせによって、ユーザーの耳に最適化する機能やノイズキャンセリング機能が実現されているのです。つまり、この組み合わせが最強で、パッケージには変換アダプターも同梱されているのですが、基本的にはこの付属のイヤホンを肌身離さずに持ち歩きたいものです。

8月 29, 2017 0

「Xperia XZ Premium SO-04J」は画質もすごい!

By in 未分類

肝心の画質ですが、高解像度化による開口率の低下が原因で、同サイズのフルHD液晶ディスプレイ搭載スマホよりも画面はやや暗く感じました。しかし、初夏の日差しが直接差し込むような状況に負けない程度の最高輝度が確保されているので、実用上の問題は少なそうです。また、視野角で、斜め方向から見ると発色や輝度の低下がやや見られたのですが、画面を正面から見れば問題はありません。高解像度による情報量はさすがで、動画コンテンツの解像度をフルHDから4Kに切り替えた瞬間に、画面からもやが晴れたような、情報量の向上を感じ取ることができました。スマホサイズに4Kはオーバースペックに感じられるのですが、ユーザーが絶賛するように画質の満足度は確かに高く、ビジネスにも対応したモデルです。この液晶ディスプレイは発色が改善され、HDR映像の表示にも対応しました。その違いを4K表示対応の2015年冬モデル「Xperia Z5 Premium」と比較すると、違いが実感できます。本機で現在視聴できる4K HDRの映像コンテンツとしては、NTTドコモの「dTV」から、「アメイジング・スパイダーマン」など5タイトルの映画のほか、ミュージックビデオなどが有料で配信されています。このほか、「Amazonプライム・ビデオ」でも4K HDRコンテンツが配信中です。なお、プリインストールされる「YouTube」アプリも、4K対応となります。